楽しミすとが生まれたのは車椅子になってから。

荒波でも何でも、衝撃を受けつつ今までのわたしを失いたくないと思って、行動力だけは変えずにいた。
ありのままの波に乗って流れて、できることできないことを試していた。
いまはそんな生活に慣れてきた。なれてくると突っ走ってきた疲労を受け取り、心の声を聞きながら、次の手を考える。
でまた、うまくいてったりいかなかったり。
ある人と、雑談をしてた時、変化を起こしたり、新しいことをする必要がないからしないという会話をした。
そっか、する必要があるきっかけが原動力になるって貴重だなって感じた。
衝撃も資源となる。
経験が、次の形になる。
そして、渦中にいるときはどん底でも、
過去になると糧になる。
時間は味方だと感じた瞬間♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です